私たちについて

201204/27

ネットコミュニケーションっていったい何だ?

ネットコミュニケーションっていったい何だ?

もう何年も続いている、尊敬する恩師との文通。写真に写っているのは、わずか1年分くらいでしょうか。

「人に手紙やはがきを送るときは、額に入れられると思えるようなものを贈れ」と教えられました。いただくお手紙やはがきは、額に入れて飾りたい内容のものばかりです。私は恥ずかしながら返信するだけで精一杯。

文章や文字を 「書く」という行為は、ネットの仕事に携わっている私にとって、人として大切なことをいつも思い出させてくれます。

さて、本題です。

----------------------------------------------------

ネットコミュニケーションっていったい何だ?


内閣府調査によれば、2011年の携帯電話普及率は92.9%、
20年前には携帯電話の利用率が全体で3%程度であったのに対し、
今や中高生の約3割が、1日21回以上も友だちへメールを送っているという。

24時間携帯を手放さず、バッテリー切れが不安でしょうがないといった
子どもたちの症状を、携帯依存症とかネット中毒とか
一言で片付けられるほど単純ではなさそうだ。

(出典 「子どものICT利用実態調査 報告書」
Benesse教育研究開発センター(2009)
 調査対象 小学4年生〜高校2年生 10,267名 )


現役世代の大人でも、ネット環境が整っているとか、スマートフォンが
使いこなせるかどうかで、コミュニケーションに差が出る世の中だと
誰もが不安を感じているのではないのか。

本屋に行けば、ネットコミュニケーション術を説く本がずらりと並び
ネットにアクセスすれば、ネットコミュニケーション術セミナーの案内が溢れている。
実際、セミナーや勉強会は大盛況だ。

だが、なぜこれだけ熱心に学習し、すでに馴染んでいるように見える若い人も
ビジネスシーンにおいては、コミュニケーション能力の不足が取りざたされ
問題視されない日はないのだろう?

結局どれだけ熱心にコミュニケーション術を学ぶセミナーに参加しようが
実際に誰かとリアルなコミュニケーションをはじめなければ、残念ながら少しも
人の気持ちなど理解できるものではない。

そのセミナーやビジネス交流会で昨日今日知り合った人と、
突然ネット上の交流がはじまっても
その後ネット上でつきあいが深まり、親友として心を通わせ合えるようになったとか
仕事のきっかけ話が盛り上がり、その後もネット上のみで関係が継続維持、
成長発展している話など、滅多と聞いたことがない。

もっとも、リアルのお付き合いとバーチャルのお付き合いを混同して
一時期はしかにかかったように浮かれていたり、
取り憑かれたように舞い上がっている人は
何度も目撃したことがあるけれども。


ではいったい何のためにネットコミュニケーション術を学ぶ必要があるのだろう。


メール回数が多いとか、ネットへのアクセス時間が長ければいいのか?
SNSやフェイスブック、ツイッターへの頻繁な投稿回数だろうか?
個人主張色の強いブログ投稿の中身だろうか?
返信がスピーディーで早いことなのだろうか?

ネットの場合、メールもチャットも、SNSへの投稿も、ホームページの更新も
リアルタイムに送受信や投稿や更新ができるという利点がある。

が、この利点が裏目に出る場合もある。
更新や投稿するタイミングを常に考えて、誰が見ても賢く見えるように
行動しなければならない。と言われたらあなたはどう受け止めるだろう。

例えば、待ち合わせなどで約束した時間に遅れている時。
納期が遅れてお客様を待たせている時。
仕事でささいなミスを犯した時。

誰かに迷惑をかけているのに、ツイッターやフェイスブックで盛り上がっていたり
ブログコメントを書き込んでいたりする神経はどうなんだろうと人は思うだろう。
非公開にしているから、と無料のツールを過信しすぎている態度も笑えるだろう。


ネットコミュニケーションツールは、取り扱いが大変面倒なツールなのだ。
結局、私たちは環境に流されやすく、クオリティーコントロールなどできない。
ネット人格を使い分けていられるほど器用じゃないのだ。
だから少しは理解したり、解った気になって安心していたいのだ。


だが、ネットコミュニケーションツールがどれだけ進化しても発展しても。
どれだけ鮮やかにネットコミュニケーションツールを使いこなそうとも。

人付き合いの基本は「信頼関係」にあると思う。
文字通り、信じて頼れる、心豊かな温かい人間関係を築くには
どうでもよいような小さな約束を守れるかどうかではないだろうか。


ただし、些細な約束を守るのはそう簡単ではない。
なぜなら、些細な約束をするときには、
本気で気持ちを相手に振り向けていないことが多いからだ。
ネット上のコメントでよく見受けられる「なぁなぁ」の受け答えとよく似ている。


私のまわりから、私が大切に思っている人たちが
次第に私から離れていくようなことがあるとすれば、
些細な約束を、片っ端から反故にしている私がきっとそこにいるであろう。


カテゴリー
私たちについて
投稿者
F.Ishibashi

ページの先頭へ戻る

WEB CREATIVE とは?

ウェブクリエイティブ社内

お客様のWEBビジネスを徹底的にサポートいたします

WEBサイト(ホームページ)一筋に作り続けて10年。岡山のホームページ制作会社。ウェブクリエイティブは、WEBの企画/制作・デザイン・WEBアプリケーション・プログラミング・システム制作・コンテンツの制作を専門に行うクリエイター集団です。

詳しく知りたい方はこちら